複数人同時診察について

患者が麻酔を打たれてから、それが有効になるくらいに効果が出てくるまでには相当の時間がかかる場合が多いです。
実体験としてもそのようにかんじることが多いです。

その間に待っていては、時間の無駄です。
そのような時間を使って、軽い程度の虫歯の治療をしに隣の患者さんの元へ向かったりすることはあったりします。
このような場合は歯科医師の先生があなたの側からいなくなったとしても歯科衛生士の方が付いてくれているはずですので安心してください。

他にも、レントゲンを撮る時間を活用して、他の患者さんを見る、というパターンもあるようで、このような場合は、歯科助手の方なども常駐してくれますから、人がいなくなるということは全くないようですね。

別のある歯科医院の話としては、30分制の同様のスケジュールのところ、つまり同じ時間に予約が入ってしまい、仕方なく受け入れるということもあるようで、このような場合は、歯科治療がいわば筋肉や骨を治療するのと同じような外科的な治療であるために、実際に患者に来てもらって治療することになる歯などの状態を見てみないと治療の時間とその程度がわからないということがあるようで、思ったよりも症状が軽かったり、思ったよりも症状が重かったり、というように差があるようです。

このような場合、同じ時間帯に二つの予約が入っていても、一方は早く終わるけど、もう一方の方に時間をかけるという治療の仕方をすることもあるようです。

他にもよくある例としては、炎症がひどく、麻酔が全く聞いてこなかったり、痛みを消すことができずに、治療に入ることができないなどという例があるようで、様々な理由から同じ時間帯に予約がブッキングしてしまう可能性は、決して捨てきれないということがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です