時間制度の限界

30分を1単位とする治療スケジュールはあまりコストパフォーマンスが良くない制度ではあるのですが、患者さんのことを思って設定しているのが、30分制だということをよく理解しておく必要があるのではないでしょうか?

皆さんも、歯科医院に通うことになった時には、自分自身の確実にあいているスケジュールを押さえて、しっかりと予約をしてあまり過度にキャンセルをすることがないように気をつけておくのが良いと考えられるでしょう。

それでも、同じ時間帯にたくさんの患者が一気に入っていることもあります。
例えば、週末の金曜日などの仕事帰りの時間帯などは、多くの人が歯科医院に立ち寄ることができるために、なかなか予約が集中しがちなようです。
そのため、予約の時間だと思っていたのにも関わらず、歯の痛みに耐えている患者がたくさんおり、やっと診察台に乗れたと思ったら、数10分も待たされてしまったなどという風に愚痴をこぼしている書き込みなどを、インターネットなどでは見かけたことがありますが、現代でも確かにこのようなキャパシティを超えるような患者を受け入れてしまっているために、不満を生む事態となってしまっている歯科医院なども、あることにはあるのです。

現代は歯科医院の数自体がとにかく飽和する傾向にあり、あまりこのような状態は見かけなくなってきました。

しかし、キャパシティを超えていないような歯科医院であっても、正常な歯科医院の機能として複数の患者を同時に見るというパターンはよくあるようです。
その理由として、ある歯科医師は、例えば歯に詰め物をする際の型を取るなどした場合、麻酔が効くのには数十分かかったり、それ以上にかかることもあると言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です