歯科医院のスケジュール

よく聞く問題点として挙げられるのですが、歯科医院のスケジュールの多くは「30分制」となっており、他の病院などでは基本的には予約をせずに行っても治療が受けられるのですが、なぜか歯医者だけはきちんと予約をしないといけない、ということがあるようですね。

実は、これには患者側の負担を減らす配慮がなされているようで、ベテランの歯科医院の先生の話では、今から数十年前には、その他の内科や外科などの病院と同じように予約一切なしで患者を歯科医院も受け付けていたようで、このような時には、極めて緊急性が高い症状である歯が痛い人などが、数時間にわたって待ってしまうなどという現状もあったようです。

これを改善するために、歯科医院の間で、予約制が浸透していったようです。

確かに、時間制にしてしまえば痛みを我慢して待つ時間も減りますし、予定も合わせやすいでしょう。
多くの歯科治療は30分以内で終わりますから、合理的な決まり事と言えるのではないでしょうか?

ちなみに、歯科医院サイドとしては実はほとんど30分かからない歯科治療も多く、キャンセルなどがあると経営にも大きな影響が出てしまうこともあるようです。

案外もうかっていると言う風に思われがちな歯科医院ですが、開業したばかりのところなどでは膨大な借金をかかえているところもあるようで、一つのキャンセルが大きな痛手になってしまう例もあるようですから、この情報を知った皆さんは特に注意をしてみてください。
具体的にその理由を解説すると、なぜならば30分スケジュール制であると、歯科医院の先生一人当たり1日15人くらいしか診察をすることができません。
他の内科や整形外科などであれば、数時間で担当できる人数であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です