歯科医院の事情

歯科医院にはさまざまな事情があり、課題を抱えているところも多いのです。
それでも、前向きに治療をおこなってくださる歯科医院などでは、治療の枠を超えて生活状況などを踏まえて食生活など歯の健康のために役立つアドバイスをもらうことができる可能性もあります。
しかしそのような精神的余裕もない歯科医院なども多く、近年疲弊した歯科医院の存在がメディアの取材などによって明らかになりつつある模様です。

このようなブラック的な体質というのは歯科治療だけでなくその他の医療全般に関わる問題であり、早期の解決がのぞまれるところですが、現在においてもその改善の糸口はたっておりません。
具体的にどのような道筋で医療現場ではたらく人々を救う事ができるのかということを本気で考えなければ、明るい医療の未来はないといってしまってもいいのではないでしょうか?

そもそも、予防歯科とかホワイトニングなどのような、発展的かつ予防的な治療というものは、歯科治療の発展と余裕の産物でもあるわけですから、ある程度の余裕が医療の現場になければ成り立たないのは容易に想像できるのではないでしょうか?にも関わらず、患者サイドの待遇ばかりを改善するような施策が国から出されているだけで、医療従事者をまもるための施策はほとんどなされていないというのが現状なのです。

医者の不養生ということばにもあるように、医療従事者自身がからだを壊してしまう事態にもなりかねませんから、今後待遇が改善されることをねがうばかりです。この章では患者に生じがちな問題よりも、医療の現場、つまり歯科医院の中に生じがちな問題について取り上げ、さまざまな解決策を模索していくこととします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です