メディアの歯に関する誤謬

テレビなどで紹介し誤った情報が広まってしまった例としては、一口食べた時に、数十回噛むと良いという類の話です。
何回噛めばよいか?というのは食べる物の硬さによっても大きく異なるので、一概に言うことは、決してできません。
このような誤った情報を広めてしまう現代で、自分自身で情報の真偽を判断するということが重要になってきますし、このような場合には、しっかりと知識のある専門家である歯科医院に行って、情報の正しさを確認してみるのも良いと考えられます。

それでも、実際のところ、自分自身の力で噛むということの重要性は非常に大きく、この点に関しては、医学的根拠も既に存在しています。
もしも、あなた自身が認知症などになったとしても、物を噛み、それを飲み込むという一連の動作は脳へのしっかりと刺激になり、血流を促進することができるのです。

また、高齢者の死亡原因のトップに来ることもある肺炎は、高齢者自身がしっかりとものを食べ飲み込むということを繰り返すことによって、食べ物が喉に詰まったり謝って肺の近くの気管に入ってしまったりすることを防ぐために、このようなタイプの肺炎を未然に防ぐことにもつながるのです。
口から物を食べられなくなると、胃ろうという風にして、栄養補給をする人もおりますが、できる限り無理をしない範囲で、口から自分の力でしっかりと栄養を摂取することが重要と言えるのではないでしょうか?

そこで問題になってくるのが、一体、どのような歯科医院に行ったらいいのかということではないでしょうか?
特に、高齢者の場合、あまり自分自身で遠くの病院に行ったりすることはできませんからどうすればよいのかをよく考える必要が出てきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です