腕の良い歯科医師ほど、しっかりとした治療のプランを持っているために治療それぞれの過程についてどれくらいの時間がかかるのかを計算します。
それを患者とのあいだで話し合いをして、「こことここを治療するので、これくらいの期間がかかります」ということをすり合わせていくわけです。

ひとつひとつの過程について理由付けがされていると、診察台に寝かされている患者サイドにとっては安心することはまちがいなのではないでしょうか?

結局のところ、このように質が良いを言われる歯科医師は、往々にして患者とのコミュニケーションを重要視しておりますので、あなたが行って見た歯科医院の医師や歯科衛生士があまりコミュニケーションを取りたがらないなというように感じた場合には、歯科医院を変更することもかんがえてみても良いかもしれません。
それくらいに、医師と患者とが密接にかかわりあいながら治療が進んでいくのが歯科治療の現代の現場ですから、時代にそぐわない歯科医院にはかかることはおすすめできません。

また、実際に歯科医院に通うようになってからも、治療方針などについて疑問が生じた場合には積極的に質問するなどして、不安をためこまないようにして、安心して歯の治療を終えられるように頑張りましょう。
そして治療が終わっても安心せず、これまで述べてきた予防歯科に取り組むなどして、健康な歯をいつまでも保てるように精進しましょう。