案外忘れがちな裏方の役としては、いわゆる歯科技工士と呼ばれる人がおります。

歯科技工士は、虫歯などの治療には欠かすことのできないブリッジなどの歯の詰め物を作成する専門職です。
一昔前であれば、一つの歯科医院には、一人の歯科技工士が常駐して、即日、歯の詰め物を作成するということがよくありましたが、今は虫歯の大幅な羅漢率の減少や、歯科医院の経営状況の悪化などによって、雇い止めが生じ、歯科技工士が集まって作っている会社などに、歯科医院から詰め物、つまりブリッジの注文が入ることで詰め物が完成するという流れが一般的になっているようですね。

 

当たり前のことですが、虫歯の治療などをするために、歯を削り終わった後にその患者自身の歯の形にぴったりと合うブリッジがなければ、その後、快適な日常生活を送ることは決してできません。

歯科技工士という仕事もまた、歯科医院における歯の治療に欠かせない、重要な役職となっているのです。