歯科医師になるためには、国家資格が必要となっています。
資格をとるには、歯科大学もしくは大学の歯学部などの認定機関に一定期間通って学習し、歯科医師国家試験を受け、それに受かる必要があります。
さらに資格をとったあとも、臨床研修を受ける必要があり、それを無事に修了することで初めて歯科医師として働くことができるようになるのです。

 

実際に治療が行われるようになると、歯科医師の近くで、よだれを吸引したり治療が終わった後に具体的なアドバイスをしてくる人がいるかもしれません。
その人こそ、歯科助手と同じように、歯科医院の運営には欠かすことができない、歯科衛生士と呼ばれる人たちです。このような人たちは、歯科助手とは大きく異なる点があります。
それは、国家資格を有しており、患者の口の中に直接触れることができる上に、歯科医師から任された医療行為を行うことができる、はっきりとした資格を持っている人たちなのです。

実際、優秀な歯科衛生士の中には、歯科医師と同じぐらいに歯について詳しい人もおり、そのような人から今後どうしていけば良いのかというアドバイスを受けられれば、予防歯科を一歩進めることができますし、虫歯や歯周病の再発を未然に防ぐことにもつながるのです。
予防歯科のブームは、病気を未然に防ぐという先進国的な発想が浸透してきたことのなによりの証となっているわけですし、多くの歯科医院が予防歯科を歓迎しています。

 

待合室に入って、周りを見渡してみて、額に入った認定証などがかかっている場合はないでしょうか?このような「~~学会から認定されました」などというような認定証などがある場合には、その歯科医師にしっかりとした専門的な知識があると認められている可能性が高いでしょう。
なぜなら歯科医院が持っている資格と、そこで働いている歯科医師、歯科衛生士が持っている資格などは、国やそれぞれの学会が定めている試験などを突破しなければ得られない認定証ですから、そのような認定証が飾ってあることは、ひとつ、大きな基準として働いていると言えるからです。

その先生が所属している学会や表彰されている学会によって、虫歯に強い先生なのか、いわゆる詰め物を表すブリッジについて強い人なのか、ホワイトニングに強い人なのか、歯周病の治療に強い人なのか、その他の様々な治療についての専門も分かります。