歯科医院で働いている人々のうち、歯科助手に注目してみましょう。

まず、あなたが歯科医院に入って、受付に座っている人が1人2人いると思いますが、その業務は一般的に歯科助手という呼ばれている方が担当していることが多いようです。

 

歯科助手は、その歯科医院の受付・インターネット予約の確認・会計・器具の入念な洗浄など、歯科医院で行うべき業務のうち国家資格が必要ない作業の多くを担当している、いわば歯科医院の縁の下の力持ちです。
この人がいなければ、歯科医院を経営することはできないと言い切ってしまって良いかもしれません。

国家資格を持たずとも歯科助手になることができます。
ですが器具の洗浄などをはじめとする仕事は、具体的に歯についての知識がなければ行うことはできませんし、患者に寄り添うことだってできないでしょう。

非常に大きな歯科クリニック、デンタルクリニックなどでは、歯科助手が受付するのではなく、受付の人を別に雇っている場合もあるようです。