歯医者

日本全国にはコンビニエンスストアよりも多い数の歯科医院があるそうです。
皆さんも1度は訪れたことがあるでしょう。

歯科医院に行くと診察を担当してくださる歯科医の方以外にも、さまざまな方が働いている姿を見かけますよね。
それぞれの歯科医院によって働いている人の数はまちまちですが、必要な仕事というのはかなり似通ってくるため、その役割を果たすために働いている役職の構成もそこまで大きく変わらないと思っていいのではないでしょうか。

ここでは、歯科医院ではどんな人が働いているのかということを掘り下げてみたいと思います。
基本的に歯科医院で働いているのは、歯科医師歯科衛生士歯科助手の3種類の職業です。

歯科医師

歯科医師は、虫歯をはじめとした口の中の治療を行う医師です。
ひとくちに歯科医師といってもさらにその中に専門があり、中には虫歯の治療を行わず矯正などを専門に行う歯科医師も存在しています。
歯科医師になるには国家資格が必要となります。

歯科衛生士

歯科衛生士は、歯科疾患の予防や口腔衛生の向上を図るべく、患者の歯や口の中を健康的に保てるよう支えていくのが仕事です。
具体的な業務としては、歯科診療の補佐・歯科保健指導・歯科予防処置があげられます。
歯科衛生士になるには国家資格が必要となります。

歯科助手

歯科助手になるには国家資格は必要はありませんが、業務によってはある程度知識や経験がないとこなせないものも多くあります。
その歯科医院の受付や器具の洗浄など、国家資格を持たずとも行える様々な作業を一手にになっている、いわば歯科医院の縁の下の力持ちです。
歯科助手がしっかりとこういった業務を行うことにより、歯科医師らがより専門的な業務に集中することができるといえるでしょう。

 

このほかにも歯科技工士などが常駐している歯科医院もあります。